ぷにぷに肌 オムツ パンツタイプ

オムツをパンツタイプに変えるのは、ママのタイミングでOK!

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

ぷにぷに肌の赤ちゃんのオムツ替えは1日に何度も行う大切なお世話の一つです。

 

寝んねの頃にはじっとしていた赤ちゃんもハイハイができるようになると動けることが嬉しくてなかなかじっとしていてくれず、替えてあげたいのに替えられないこともしばしば。
替えてあげようと思ってオムツを外すとくるりと寝返りをしたり、動き回ったりします。

 

私も子どもがハイハイをし始めると思うとおりに動いてくれず、片方だけテープが止まった状態で追いかけることもありました。

 

ママは、赤ちゃんが大きくなってきて動くようになるとテープタイプからパンツタイプに切り替えるべきか悩みますよね。

 

パンツタイプのオムツに変えるタイミングやメリットをご紹介します。

 

 

おむつをパンツタイプに切り替えるタイミング

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

一般的にはテープタイプを最初に使って、だんだんとパンツタイプに切り替えていきます。
ハイハイやつかまり立ちができるようになると赤ちゃんは動けること、手を伸ばして触れることが嬉しくて好奇心に任せて自由に動き回ります。

 

そんな赤ちゃんのオムツを替えてあげようと寝んねの姿勢にしても嫌がって泣いたり、逃げ出したりしてしまいます。
オムツ替えの度にお互いぐったりしてしまうなんてことになったらパンツタイプに切り替えましょう。

 

また赤ちゃんによっては寝んねの時期でも活発に動かすことがあります。
バタバタ動かすとオムツ交換は大変になります。
そんな時もパンツタイプに切り替えてもいいでしょう。

 

ズリバイを始めるとテープタイプのオムツはずれてしまい、背中側や足回り部分からうんちが漏れてしまうこともあります。
そうなってしまうと、オムツかぶれや肌荒れの心配が出てきます。
ぷにぷに肌を守るためにも、動きが出てきたら、パンツタイプの紙オムツに変えた方が良さそうです。

 

パンツタイプは体にフィットして漏れにくいため、漏れが気になるようであれば切り替えて試してみてもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

パンツタイプのおむつのメリット

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

<動く赤ちゃんでも替えられる>

パンツタイプの最大のメリットは立ったままでも替えられることです。
たっちができる様になったばかりの頃は「立っては座って」を繰り返しますが、だんだんと立っている時間が長くなってきます。

 

そんな活発な赤ちゃんを押さえつけながらのオムツ替えは大変ですが、パパッと替えられるパンツ式はじっとする時間が短くすむので赤ちゃんも嫌がりません。

 

<パンツタイプのオムツはずれにくい>

テープタイプは一度ずれると直しづらいですが、パンツタイプはずれにくく、ずれても直すことが簡単にできます。
テープでサイズを調整する必要もありません。

 

テープタイプと異なり、お腹回り全体がギャザーになっています。
そのためお腹回りの大きさに合わせて何度も貼りなおしたり、漏れが心配できつめに止めたりする必要がありません。

 

動きが出てきた時にテープタイプのオムツをはいていると、オムツがずれて肌とすれ、肌荒れを起こしてしまうことがあります。
その点、パンツタイプであれば、ずれやすいのでそのような心配がいらなくなります。

 

パンツタイプとテープタイプを使い分ける

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

<うんちの時>

パンツタイプは簡単に変えられますが、うんちの時にはテープ式の方が楽というママが多数。
なぜなら、テープタイプはゴロンと寝転がらせておしりを上げて綺麗に拭き取ることができますが、パンツタイプだと立っている姿勢なのでおしり全体を綺麗に拭き取ることが難しいのです。
そこで、うんちをしている時はパンツタイプからテープタイプに履き替えさせる方法がおすすめです。

 

テープ式と同様に赤ちゃんを寝かせ、新品のテープ式オムツをお尻の下に敷きます。パンツタイプのオムツのサイドを破って脱がせ、おしりを持ち上げて綺麗に拭き取って古いオムツを取り、テープタイプを履かせると便利です。

 

<寝ている時>

普段はパンツタイプのオムツを使い、寝ている間のオムツ替えはテープタイプにすると楽にできます。

 

<大きくなったら>

大きくなって「じっとしててね」と話していることが理解できる様になると割安なテープタイプに戻すママもいるようです。

 

<お出かけの時>

冬場のお出かけの時などパンツタイプのオムツ替えは、ズボンもタイツ、レギンスなど全てを脱がせなくてはならず、赤ちゃんが風邪をひいてしまうのではないかと心配になることもあります。
テープ式の場合、工夫をすれば脱がせなくても交換ができますのでお出かけの際、寒いようであればテープタイプにすることもおすすめします。

 

オムツ替えのグッズはひとまとめに

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

パンツタイプに切り替える頃は赤ちゃんが活発に動いて、オムツ替えが困難に。
私の子どももオムツを脱がせるとニコニコしながら走って逃げていきます。

 

いつおしっこをするか分からない赤ちゃんにヒヤヒヤしながら追いかけることもよくあります。
オムツグッズをひとまとめにしておくことで時間の短縮になり、楽にできます。

 

赤ちゃん自身もオムツを替えることを理解できるようになります。

 

一緒に、ベビーローションも置いておくと、肌荒れを起しているとろにこまめに塗ってあげることができます。
お風呂上りのベビーローションは必須ですしね。

 

 

オムツ交換やお風呂上りには、ベビーローションでしっかりと保湿を!

 

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

産まれてから2,3歳になる頃まで、赤ちゃんはオムツのお世話になります。
赤ちゃんのお肌はとても敏感なので、オムツが肌に合わなかったり、おしっこやうんちで肌荒れをしてしまったり、オムツかぶれを起したりしやすいです。

 

特に、パンツタイプに変わる頃には動きが出てきていますので、汗をたくさんかくようになります、
その汗も肌荒れの原因になりやすいですね。
また月齢を重ねるほどに、1回のおしっこの量も増えてきますので、それも肌荒れの原因につながります。

 

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

そのため、オムツ交換やお風呂上りには、しっかりとベビーローションで保湿してあげて、肌を保護してあげることが大切です。
おすすめはアロベビーミルクローションです。
天然由来成分で作られたアロベビーミルクローションは、口コミや評判が良かったので、私も使うようになりました。

 

毎日何度も子供に塗ってあげているので、私の手もスベスベになっていますよ!

アロベビーミルクローションの詳細はコチラから

 

 

まとめ


日本のオムツはとても優秀で海外でも評判です。
各メーカーによって様々な工夫がされており、ママの負担が軽くなるよう助けてくれます。

 

パンツタイプもテープタイプもそれぞれに良いところがあるので、生活スタイルや赤ちゃんの成長に合わせて切り替えたり、混合したりして使ってもよいでしょう。
大きくなったから、動くようになったからと言って無理にパンツタイプに切り替える必要はないのでママが楽で赤ちゃんが快適に過ごせる方法を選んでください。

 

また、動きが出てくると、テープタイプの紙オムツはずれやすく、すれて肌荒れを起こしてしまったり、うんちが漏れてしまって肌がかぶれてしまうこともあります。
そのような肌トラブルを防ぐためにも、ある程度動きが出てきたら、パンツタイプを使うのが良いのかもしれませんね。

 

ぷにぷに肌の赤ちゃん必須アイテム

 

 

ぷにぷに肌の赤ちゃんのスキンケアTOPに戻る

 

オムツ,パンツタイプ,ぷにぷに肌,プニプニ肌

 

スポンサーリンク