ぷにぷに肌 赤ちゃん しゃっくり

新生児のしゃっくりは止めるべき? 原因と対処法は何でしょう?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

出産後、多くの新米ママが驚くことの1つに「赤ちゃんのしゃっくり」があります。
特に新生児の頃はよくしゃっくりをします。

 

そもそもぷにぷに肌の赤ちゃんがしゃっくりをすると思っていなかった私は何度も起こるしゃっくりに「え、また?!」「大丈夫かな?」と驚かされました。
きっと、同じように驚かれたママも多いことでしょう。

 

しゃっくりがなぜ起きるのか、原因と対処法をご紹介します。

 

 

しゃっくりはなぜ起きる?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

しゃっくりとは、お腹の中にある横隔膜が様々な要因で刺激を受け、けいれんを起こしている状態のことです。
大人でも急に始まり、なかなか止まらず煩わしくてイライラしてしまいますよね。
通常、横隔膜は収縮と弛緩を繰り返すことで呼吸を助ける働きをします。
この横隔膜が大食いや早食い、急な大声、急に冷えたなどの刺激により空気が吸い込まれ声帯にある隙間の声門が閉じてしまったことで呼吸に変化が生じ起こります。

 

横隔膜がビックリしている状態なので、自然と治まっていきます。
赤ちゃんでもしゃっくりは自然に治まります。

 

胎児の頃からしゃっくりをしていた

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

実はお腹の中にいる頃から赤ちゃんはしゃっくりが始まっています。

 

私自身も「小さな胎動かな?」と思いながらも、ピクピクとした一定リズムの動きが「変わった胎動だな」と感じ、産婦人科の看護師さんに聞きました。
その返答が「しゃっくりなんでですよ」と言われたときは驚きました。

 

胎児がしゃっくりをする原因は実際のところ分かっていないらしく『肺呼吸の練習』『羊水の中にゴミが混ざっていて吐き出している』『羊水が冷たい』など様々な意見があります。

 

 

胎児のしゃっくりはいつごろから?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

この胎児のしゃっくりは妊娠5か月ごろから感じ始めるママが多いようです。
全てのママが感じることではなく、まったく感じずに出産するママもいます。
しゃっくりをしているということは、胎児の肺や筋肉が順調に育っている証拠なので安心してください。

 

しゃっくりの振動はお腹の外側でも感じられます。
触るとなぜか止まってしまう胎動と違い、しゃっくりは一定期間動くので胎動をなかなか感じられずにソワソワしているパパにも赤ちゃんの存在を実感してもらえると喜ぶママもいます。

 

 

赤ちゃんのしゃっくりの原因は?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

大人でも長引くと辛く感じる人もいるしゃっくりですが、横隔膜の未熟な赤ちゃんは少しの刺激でもしゃっくりを起こしてしまいます。
ぷにぷに肌の赤ちゃんがしゃっくりをしている様子を見ると「ヒックヒック」としながらも元気な様子を見せてくれるので「辛くないのかな?」と疑問に思うママも多くいます。

 

赤ちゃんのしゃっくりの原因は不確定ではありますが『授乳』や『おむつ』、『気温変化』が原因と言われます。

 

◆授乳をするとしゃっくりが出る!?

母乳やミルクを飲む際に空気を飲み込んでしまうことも、しゃっくりを引き起こします。また、授乳をすることで胃や食道の動きが活発になり、その刺激から起こるとも言われています。

 

◆おむつが濡れているとしゃっくりが出る!?

おしっこをしたことでおむつが濡れ、体温が下がることが刺激となり、しゃっくりが起きている場合もあります。

 

◆気温変化

エアコンなどの冷気が当たり、体温が下がってしまったことでしゃっくりを起こします。体の小さな赤ちゃんは気温による体温変化にとても敏感です。

ぷにぷに肌の赤ちゃんのしゃっくりの止め方

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

ぷにぷに肌の赤ちゃんのしゃっくりも自然と治まるとは言ってもやはり心配ですよね。

 

しゃっくりが出始めたらどうしたらいいのでしょうか。
いくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

◆げっぷをさせる

空気を飲み込んでしまったことで起きている場合、授乳後のげっぷが足りていないのかもしれません。銃乳後と同じように縦抱きにしてげっぷをさせることで刺激を和らげることができます。

 

◆おむつをチェック

おしっこをしていないかチェックをしてあげてください。濡れているようであれば取り替えてあげましょう。

 

◆体を温める

体が冷えたことで起きているしゃっくりの場合、冷房の設定を確認し、温めたタオルやおくるみをお腹にあてると体が温まり、治まります。また、冷房や外気が直接赤ちゃんにかかるとしゃっくりの原因になりやすいので、普段から間接的になるようにするなど心がけましょう。

 

◆無理に止めようとしない!

大人によく使われる「呼吸を止める」「驚かせる」などは赤ちゃんには効果的ではなく、泣かせてしまったり、危険を伴いますので避けましょう。

 

注意の必要な赤ちゃんのしゃっくり

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

自然に治まるしゃっくりが一般的ですが、まれに注意が必要なしゃっくりもあります。
観察をし、普段と様子が違うようなら早めに小児科で受診をしましょう。

 

◆呼吸が異常

大人と違い、呼吸は鼻からしか呼吸ができません。そのため、鼻水などで鼻が詰まっているとしゃっくりをすると呼吸困難になる場合もあります。呼吸に乱れがないか確認をしましょう。

 

◆長引いている

自然に治まるしゃっくりですが、2日以上続くしゃっくりは「難治性しゃっくり」と言われ、脳梗塞や中枢神経の病気などが原因で起こっている場合があります。何時間も続くようであれば、病院に相談をしてみるといいでしょう。

まとめ 


ぷにぷに肌の赤ちゃん、大きくなるにつれて、しゃっくりの回数は減っていきます。
新生児の頃は頻繁にしていても1歳を迎える頃になるとしなくなっている子も多くいます。

 

私の子も1歳の誕生日を迎える頃には、心配していたことを忘れるぐらい気が付くとまったくしなくなっていました。

 

赤ちゃん自身が苦しそうにしていないのであれば、心配ばかりして不安な顔を見せるよりは、しゃっくりは自然現象だと理解し、頻繁にするのは「今だけ」と考えて暖かく見守ってあげたいですね。

 

ぷにぷに肌の赤ちゃんのしゃっくり、今だけの可愛い姿を動画で記念に撮っておくのも良いですね!

 

 

赤ちゃんのスキンケアはとっても大切!

 

ぷにぷに肌,プニプニ肌,赤ちゃん,しゃっくり

赤ちゃんのお肌はぷにぷにでツヤツヤ〜というイメージが強いですが、実は、しっかりとスキンケアをしてあげていないと、すぐにガサガサの荒れたお肌になってしまうです。
産まれたばかりの1ヶ月くらいは皮脂量が多く乳児湿疹になることも多いですが、2ケ月目以降からは一気に乾燥肌が多くなってしまうんです。
冬であれば、なおさら乾燥で、お肌がカサカサになってしまいます。

 

そのため、しっかりとスキンケアをしてあげることが大切です。
赤ちゃんでも安心して使えるスキンケアグッズをまとめてみました。
参考になれば幸いです!!

ぷにぷに肌の赤ちゃん必須アイテムはこちらから。

 

 

ぷにぷに肌の赤ちゃんのスキンケアTOPに戻る