ぷにぷに肌 赤ちゃん おなら

意外と多い赤ちゃんのおなら! その音の大きさにビックリママ続出!?

,赤ちゃん,おなら,ぷにぷに肌,プニプニ肌

ぷにぷに肌の赤ちゃんは産まれてすぐからおならをします。
ぷにぷに肌の赤ちゃんが、ニコニコと「ブー」とおならをしている姿は、最高にかわいです。

 

赤ちゃんのおならの理由は様々ですが、ふとしたタイミングで「ブー」と意外と大きな音がします。

 

1日のうちに何度もするおならに「体の調子が悪いのかな」「腸は大丈夫かな」と不安になるママもいらっしゃることでしょう。
私も子どもが産まれたばかりなのに「ブーブー」とおならをしてビックリしながらも笑ってしまいました。

 

赤ちゃんはなぜこんなにおならをするのでしょう。
その理由をご紹介します。

 

 

赤ちゃんのおならの原因は空気


赤ちゃんがおならをするには様々な原因が関係しています。

 

大人の場合、おならの原因はガスの発生しやすい食べ物を食べているなどがあります。
また、食事の際や緊張時に空気を飲み込み胃から腸へと空気が送られおならとして排出されると言われています。

 

赤ちゃんのおならは7割近くが空気と言われています。
その多くは、授乳の際にミルクと一緒に飲み込んだ空気を体に出すためにおならという方法で排出します。

 

赤ちゃんは母乳を飲むとおならがよく出る

,赤ちゃん,おなら,ぷにぷに肌,プニプニ肌

産まれたばかり赤ちゃんは授乳から栄養を取ります。

 

しかし、すぐに上手にミルクを飲むことができません。
飲み込んだ空気はゲップとして外に出されますが、出きれなかった空気はおならとして排出されます。

 

ゲップの苦手な赤ちゃんは得意な赤ちゃんと比べたくさんのおならをします。
ミルクと比べ、母乳で授乳している赤ちゃんの方がおならを多く出す傾向にあります。
それは、母乳の方が飲むときに吸い込む力が強く必要となるため、ミルクを飲むよりも空気を多く飲んでしまうからです。

 

また、母乳は腸内で発酵する成分を含んでいるので、腸管に達するとガスが発生するため回数が多くなります。

 

ミルクや母乳を飲んだあと、泣いている場合は「まだ、おなかが空いている」ではなく、ゲップが上手にできず、おならがしたくて泣いている場合があります。
優しくおしりの辺りをマッサージしてあげたり、お腹を「のの字」を描くように優しく押してあげたりすると腸が刺激され、ガスが腸から肛門に移動しおならが出しやすくなります。
私は、ローションをつけながら、ベビーマッサージをしてあげることもあります。

 

 

私の子どもも母乳を飲ませた後、ゲップが上手にできなくて、トントンと背中を叩いている最中にも、おならばかりしていました。
想像以上にはっきりと「ブー」という音がします。大人と同じように大きな音を出すので、何度も笑ってしまいました。

 

普段からゲップが上手に出せず、お腹が張っているようであれば定期的にマッサージをしてあげると赤ちゃんは快適に過ごせるようになります。

 

赤ちゃんのおならは離乳食を始めるとにおいます

,赤ちゃん,おなら,ぷにぷに肌,プニプニ肌

新生児のころのおならは臭くありません。
赤ちゃんのおならの7割が空気なので、飲み込んだ分を出しているためです。
また、お腹の中には善玉菌の多い上に母乳やミルクは消化がよく、赤ちゃんもすぐにうんちを出すため成分が腸内にとどまる時間が短いためです。

 

多くの赤ちゃんは離乳食がすすみ、授乳の回数が減ってくると空気を飲み込む量も減ってくるので、自然とおならの回数も減ってきます。

 

もし強い臭いを感じるようであれば、ウイルスに感染し、腸内環境に悪玉菌が発生している場合がありますので、病院に相談をしてみましょう。

 

2〜3ヶ月になると腸が発達し、うんちを溜めることができるようになるため回数がだんだんと減ってきます。
減ってくると腸内で発酵する時間が長くなるため臭いを発するようになります。

 

また、離乳食を始めると、赤ちゃんのおならは臭いを強く感じることがあります。
固形物を食べ始めた赤ちゃんの腸は消化活動を活発に始めます。

 

しかし、赤ちゃんの腸は未熟なため、食べた食事が消化しきれず腸内で発酵してしまう場合があります。
大人と同じように腸内にうんちが溜まり、臭いを発するようになるのです。
強い臭いがしたとしても、成長の証です。温かく見守ってあげましょう。

 

また、離乳食を始めると、口まわりや頬に食べ物が付き、肌荒れを起こしやすくなります。
食事の後はキレイに拭いてあげて、保湿をしてあげると、ぷにぷに肌が守れます!

 

食後は清潔にしてあげて、しっかりと保湿!

 

,赤ちゃん,おなら,ぷにぷに肌,プニプニ肌

赤ちゃんのお肌をぷにぷににしてあげるには、清潔にしてあげて、しっかりと保湿!これが基本です。

 

離乳食を始めると、ミルクや母乳の時とは比べ物にならないくらい、スタイやベビー服、そしてお顔や手が汚れます!!
お口やお手手を汚しながら、一生懸命に食べている姿はとってもかわいいのですが、食後にしっかりとケアしてあげないと、すぐに肌荒れを起しちゃいます。
拭き残した食べ物や飲み物が刺激となって、肌荒れを起こしやすくします。

 

離乳食を始めたら、アレルギーはないのに、肌荒れがひどくなった、という人も多いんです。
これ、拭き残しと保湿が足りないのが原因です。

 

赤ちゃん用のウェットティッシュや濡れたガーゼで清潔にしてあげて、必ず保湿クリームなどを塗ってあげましょう。
保湿クリームを塗ってあげることで、肌のみずみずしさを保ち、外からの刺激から肌を守ってくれるのです。

 

赤ちゃんにおすすめの保湿はコチラ

赤ちゃんのおなら、いつもより臭いを強く感じたら

,赤ちゃん,おなら,ぷにぷに肌,プニプニ肌

基本的には「おならが臭い」だけでは心配をする必要はありませんが、いつもと違うなと感じる時には少し慎重に様子を見てあげてください。

 

・1日中おならをしている
・今までよりも臭いが強い
・常にお腹が張っている
・母乳・ミルクを吐く
など普段と様子が異なるときは病気が原因の時があります。

 

おならに赤ちゃんも自分でビックリ


赤ちゃんによっては自分のおならの音にビックリしてしまう子もいます。
手をビクッと動かしたり、体を動かしたり、キョロキョロしたりと可愛い姿をもしかしたら見ることができるかもしれません。
よく観察してみてくださいね。

 

まとめ


おならを少なくしたいようであれば、ゲップを上手にさせてあげると良いでしょう。
ゲップのしやすい角度やタイミングは赤ちゃんによって異なります。
色々な角度を試して上手にゲップが出るようにサポートをしてあげてください。

 

赤ちゃんのおならは体の中の空気を抜く自然なことです。
そのため、おならが出ること自体に心配をする必要はありませんので、小さいころの可愛い姿だと思って楽しんでみてもいいかもしれませんね。

 

赤ちゃんのぷにぷに肌と、大きいおならは、最強にかわいい組み合わせだと思います。
期間限定のこのかわいい姿、しっかりと見ておきたいですね!

 

ぷにぷに肌の赤ちゃん必須アイテム

 

 

ぷにぷに肌の赤ちゃんのスキンケアTOPに戻る