ぷにぷに肌 新生児 記念

ぷにぷに肌の赤ちゃんのこの7シーンは撮っておこう

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

子育てをスタートしたママのみなさん、ぷにぷに肌の赤ちゃんとの毎日、楽しめていますか?
また、産まれてくるわが子を楽しみに待つプレママのみなさん、今から赤ちゃんの姿を楽しみに待っていることでしょう。

 

私はママ2歳。
産まれてからの1年って本当に大変でした。

 

でも本当に、本当に可愛いです!ぷにぷに肌の赤ちゃん!!
何といってもどんどん成長する姿には感激して「可愛い!可愛い!」と今しか見られない瞬間に興奮状態になりますよね。

 

さて、今回は、ぷにぷに肌の赤ちゃんの7つの見逃せない瞬間を紹介していきたいと思います。

 

赤ちゃんは体もどんどん大きくなり、同じことをしていても0歳と1歳、2歳では全然違った印象になります。
赤ちゃん自身も1つできるようになると、すぐ次のステップに成長してしまうので、育児の追われて忙しい生活の中でも、瞬間瞬間を写真や動画などに残しておきたいですね。

 

 

1:小さな手足でも…

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

まずは定番のぷにぷ肌の手足のアップ!
本当に小さくて指をキュッと握るしぐさに大人はメロメロになってしまいます。

 

簡単に折れてしまいそうなほど小さいのにちゃんと爪が生えているだけで感動します。それも赤ちゃんによってはかなり伸びた状態で産まれてくることもあるそう。

 

また、足や手のスタンプや型を取っておくのもいい思い出になりますよね。私も産まれたばかりと1歳の足のスタンプを取って並べてみた時に「大きくなったなぁ」と実感しました!

 

写真のおすすめとしてはやっぱり握ってくれた瞬間を抑えること!
赤ちゃんのぷにぷに肌の手は、いつまでも握っていたくなりますね。

 

2:「う〜ん、ぼく、眠たいのぉ」と顔全体を使ったあくび

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

ぷにぷに肌の赤ちゃんは産まれたばかりからあくびをします。
私自身、産院で見てあまりの可愛さにときめきました。大人顔負けの大きなあくびをしますよね。同じしぐさをおじさんがやってもちっともかわいくないのに不思議ですよね。

 

少し大きくなると手でこする動作も加わってきます。眠い時に目をこするって本能なんですね。私の子はずっとぷにぷに肌の手のひらでこすらず、手をひっくり返して、手の甲でこすっていました。完璧でないところがまた可愛いですね。

 

おすすめは起きたばかりの明け方に動画で撮影すること。やわらかい光の中で小さな口を開け、鼻にしわを寄せながらするあくびは後から見ても可愛いですよ。

 

3:ベビーバスで「ほぅ〜」

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

ぷにぷに肌の赤ちゃん時代しか入らない、というか入れないベビーバス。

 

プラスチックやエアーを入れるタイプなど様々ですね。大きなお風呂に入れる前の練習としても最適です。

 

最初のお風呂は入れるだけでドキドキしちゃいます。でも、入れた瞬間の赤ちゃんを見てあげてください。入れた瞬間にするビックリしたのか気持ちいいのか「ほう」っと、今にも言いそうな何とも言えない表情をするぷにぷに肌の赤ちゃんも多いそう。

 

その瞬間を見逃さないように観察してみてください。ぷにぷに肌の表情の変化を残しておくためにも動画がおすすめです。
お風呂に入れることに慣れてきたらぜひ、カメラを構えてみてくださいね!

 

我が家では沐浴させる時には、肌潤糖(はだじゅんとう)を使っています。
敏感肌の赤ちゃんでも大丈夫で、お肌がぷにぷにでツルツルになります。

 

 

カサカサした赤ちゃん肌、沐浴や入浴時にどんなケアをしていますか?

 

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

赤ちゃんは、生まれたばかりの新生児の頃は、皮脂量が多くて、乳児湿疹になることも多いのですが、2ケ月を過ぎた頃からだんだんと皮脂量が減り乾燥肌になってしまうことが多いのです。
そうすると、皮脂量が多い時は、たくさんの石けんをつけてゴシゴシ洗い流して、乾燥でカサカサしている時はササッとお湯で洗い流すだけ、なんて人が意外と多いのです。

 

でも、それってどちらも不十分な赤ちゃんのスキンケアなんです。

 

石けんでゴシゴシ洗いすぎてしまうと、必要な油分まで洗い流してしまいますし、せっかくのぷにぷにした赤ちゃん肌を傷つけてしまうことにもなります。
また、お湯だけでササッと洗い流すだけでは、汚れが落ちていないこともあります。

 

なので、まずは、赤ちゃん用のボディソープで汚れを洗い流してあげて、その後に、お肌に潤いを補って保湿を保つようなスキンケアが大切なのです。
肌潤糖は、砂糖でできたスキンケアで、清潔にした肌に軽くマッサージしてあげることで、赤ちゃんのお肌をぷにぷに守ってくれるのです。
砂糖の高い浸透力で、角質まで潤いを届けてくれ、角質まで浸透した砂糖の吸水・保湿力で水分をグイグイと引き寄せて、さらにはバリア機能が強くなった角質が外からの刺激からお肌を守ってくれるのです。
砂糖が原料なので、お肌に悪影響を与えることもありません。
また、赤ちゃんだけでなく、お子さんも大人もみんな使えますから、家族でスキンケアに使えます!

肌潤糖は<はだじゅんとう>と読みます。詳細はこちら

4:腹ばいで足をピーン

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

ハイハイを始める前のぷにぷに肌の赤ちゃんは高バイやハイハイの練習をします。

 

その際、頭を一生懸命持ち上げる姿は思わず応援したくなるほど。寝返りができるようになり、頭が持ち上がるようになるとお腹を軸に両手両足を持ち上げる練習をします。
まるで空を飛んでいるかのようなポーズを何度も上げたり下げたりと繰り返します。

 

気が付くとやらなくなっているのでそんな姿も残してあげるといいかもしれませんね。

 

おすすめのアングルは赤ちゃんの目線まで下がってあげること。グッと下がることで、赤ちゃんの一生懸命さが伝わります。床に寝転がるほど下がると、ぷにぷに肌の赤ちゃんが本当に飛んでいるような1枚が撮れますよ。

 

5:プリプリのおしりにタッチ!

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

「つい、スリスリと触ってしまう」というママも少なくないのがぷにぷに肌の赤ちゃんのおしり。

 

ほっぺたのぷにぷに感やぷっくりした手足も可愛いですが、赤ちゃんのおしりもとっても可愛いです!

 

プリプリ動かしながら動くおしりはハイハイの頃だけ。歩くようになるとまた違った可愛らしさになります。

 

おすすめやはり、オムツ姿の写真です。今しかないオムツ姿は残しておきたいです。
ムチムチの足とセットにするとより可愛い写真になります。おしりにアップリケのついたパンツを履かせても可愛いですね!

 

6:寝ながらエアおっぱい

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

寝ているぷにぷに肌の赤ちゃんの横にいると、時折「チュパチュパ」という音が聞こえてくる時があります。口元を見ていると口をすぼめてモゾモゾと動かしている音だと気づきます。

 

チュパチュパとした後は「すう〜」と寝息に変わります。きっと夢の中でおっぱいを飲んでいるのかもしれませんね。

 

私は最初の頃おっぱいが足りなくて起きちゃうのかなと思い、しばらく見つめていました。しかし、起きることなく、とても幸せそうに寝ていました。

 

寝姿と言えば、赤ちゃんも結構しっかりとイビキをかきます。寝言も言います。まだ言葉のしゃべれないうちから、何かを訴える声が聞こえてきます。

 

みなさんの赤ちゃんはどんな風に眠るでしょうね?
おすすめは寝言を言う瞬間の動画。しかし、実際ずっとカメラを構えて撮るのは難しいので、バンザイして寝る姿や寝相を残してみるのもいいですね。

 

7:歩きはじめのよちよちと近づいてくる姿

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

ぷにぷに肌の赤ちゃんの最初の一歩は当然、最初だけですよね。だからこそ、その瞬間は待ち遠しいものです。

 

ハイハイからつかまり立ちをし、つたい歩きで近寄ってきてくれると余計に期待感も高まります。つかまり立ちをして嬉しそうに屈伸運動をしていると「あんなに小さかった足がこんなに動くなんて!」と私もビックリしました。

 

最初の一歩を踏み出すと赤ちゃんもとても嬉しそうです。偶然一歩前に進んだだけかもしれませんが、その一歩がとても愛おしいものです。
歩き始めるとニッコニコしながら向かってきてくれます。
そんな姿に自然とこちらも笑顔になります。たくさん褒めてあげましょうね!

 

おすすめはそんな歩くことに一生懸命な後ろ姿。つい、寄ってきてくれる姿に注目しがちですが、後ろ姿もまた可愛いものです。ちょっとだけ開いた足を前へ前へと動かす姿も残してあげましょう。

 

お散歩の時には、UVケアをしっかりとしています。
あと虫刺され防止も大切ですね。
赤ちゃんのぷにぷに肌はちょっとしたことですぐに荒れてしまうので注意が必要です!

 

 

赤ちゃんとの外出時に、UNケアや虫除け対策はしていますか?

 

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,記念

よく見るタイプのUVケアは、白い液体タイプのものですよね?
でもあれって、敏感な赤ちゃんのお肌には負担が大きいんですよね。

 

そして、虫除けスプレーというと、シューッとかけるとキツイ臭いで、さらに口に入ると何だか苦くないですか?
絶対にこれ、体に良くない、って思いませんか?
実際に、ディートといって、毒性は低いものの稀に体に影響があると知って、私はもう何があっても使わない!って思いました。

 

それで探したところ見つけたのが、アロベビーUV&アウトドアミストでした。
アロベビーUV&アウトドアミストは、レモングラス・カニナバラ果実エキス・ローズマリーという天然成分のみでできていて体にとても優しいのです。
それも、アルコールや合成ポリマー、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤不使用と、赤ちゃんにも安心して使えるものなのです。

 

おすすめは、アロベビーのUVケアと虫除けが一緒になったスプレー

まとめ


ぷにぷに肌の赤ちゃんの成長には個人差はありますがどんどん進みます。
寝返り、おすわり、つかまり立ち、ヨチヨチ歩き…と赤ちゃん自身もたくさん練習して、できた瞬間にはぷにぷに肌のとてもいい笑顔を見せてくれます。

 

その喜びを共有できること、笑顔を見ることで毎日の苦労は一気に消し飛びますね。

 

なかなか寝てくれない、泣き止まない、イタズラが大変など成長とともに苦労は変化し絶えませんが、「どんな寝方をするのかな」「何か変化はあるかな」と、今しかない姿を観察しながら接すると、なかなか寝てくれない、泣き止まない赤ちゃんのお世話も少し楽しくなるかもしれませんね。

 

今回ご紹介した7シーンは、私が実際に写真や動画で記録として残した中で、これは撮っておいて良かったな、と思うベストシーンです。
ぜひみなさんも、お気に入りのシーンを残してみてくださいね!

 

ぷにぷに肌の赤ちゃん必須アイテム

 

 

ぷにぷに肌の赤ちゃんのスキンケアTOPに戻る