ぷにぷに肌 赤ちゃん 夜泣き

新生児の泣き止まない理由、知りたくありませんか?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

ぷにぷに肌の新生児はよく泣きます。
ものすごくよく泣きます。
私もこんな小さな体のどこにこんな体力があるのだろうって不思議に思ったほどです。

 

私の赤ちゃんは産院で「よく泣く子だねぇ」「大きな鳴き声だねぇ」と看護師さんから言われたほどよく泣きました。

 

1〜3ヶ月くらいの赤ちゃんが一番泣き止まないそうです。
そう言われても可愛い我が子の泣き声を聞き続けることは辛いですよね。

 

赤ちゃんが泣いたときの対処法をいくつか紹介します。

 

新生児が泣く主な理由

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

・お腹が空いた
・おむつが汚れて気持ちが悪い
・暑いや寒い
・眠たい
・ガスがお腹に溜まって気持ちが悪い、便秘で不快
・ぷにぷに肌が荒れて、かゆみや痛みがある
と、割と本能的な理由が多いようです。

 

感情や不快感を伝える手段が泣くしかないので当然と言えば、当然です。
しかし、おっぱいをあげ、おむつも替え、室温もチェックして…と、一通り対応したのに泣き続けることがあります。

 

それはなぜでしょう。

 

赤ちゃんは眠るのが怖い

私は「寝かしつけの時になぜかすごく泣く」と産院で相談したことがあります。眠そうにするから寝かしてあげようと抱っこしているのに泣きだすことが不思議だったのです。

 

すると、医師から「眠るのが怖い子もいますよ」と言われました。どうやら、眠ることが「ママから離れてどこか別の世界に行く」ように感じるようです。抱っこしてもらって安心していたのに眠くなると意識がだんだん離れて不安で怖いのかもしれません。

 

赤ちゃんから聞くことはできないので、実際のところは確かめようがありません。でも、そう考えると自然と「大丈夫だよ。ママはここにいるよ。起きたらまた遊ぼうね」と声がかけられるようになりました。

 

寂しいよ!不安だよ!

お腹の中から出てきた赤ちゃんにとって、外の世界は慣れない世界です。お腹の中でふわふわ、ゆらゆらしていたのに温度も音も光も全てが急に変わったので不安でいっぱい。

 

だからこそ、お腹の中で聞いていたママの声やぬくもりが恋しくて仕方ありません。離れると寂しくて不安でいっぱいになって泣いてしまうのです。

 

そう考えるとよりいっそう愛おしいですね。

 

泣きたい気分だってある

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

赤ちゃんにも「なんだか嫌」という感情があります。
無理に泣き止ませようとするほど焦ってしまい困った顔を見せてしまいます。

 

そんなママに、赤ちゃんもどんどん不安になりますます泣いてしまいます。おむつをチェックし、授乳をし、室温を調節し、病気の兆候が見当たらないなど何をやっても泣いている時は、「泣きたい気分なんだねぇ」「いっぱい泣いたらスッキリするよぉ」と肯定してあげましょう。

 

ひとしきり泣いたらスッキリして泣き止んでくれます。泣いてもいいのだと安心して、案外すぐ泣き止むこともあります。

 

泣き止ませるコツは?

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

絶対泣き止むという方法はなかなかありません。赤ちゃんにも個性があって、嬉しいことも気持ちのいいことも違います。

 

日によっても違うので、悩んでしまいますが、泣き止みやすい方法がいくつかあるので、試してみてあなたの赤ちゃんに合った方法を探してみてください。

 

◆抱っこをする

やはりママのぬくもりは赤ちゃんにとって心強いものです。ぬくもりを感じ、鼓動を聞いていると泣き止む子が多いようです。ただ、体力のある赤ちゃんはなかなか泣き止みません。抱っこのし過ぎで腱鞘炎になるママもいますので、抱っこひもを活用するのもいい方法ですね。

 

◆定番のシャカシャカ音

赤ちゃんの多くはビニールのこすれる音が好きです。私の子どもは厚手のビニールのシャカシャカする音が好きでした。ただ、いつもいつも聞かせると飽きてしまうので、いくつかある方法の1つと思うといいかもしれません。

 

◆顔に息をフーっとかける

突然かかる息に赤ちゃんの意識が「悲しいよ、不快だよ」から「何だろう?」に変わり、泣き止みます。その一瞬の泣き止んだタイミングでくすぐってあげたり、さすってあげたりするとリラックスして落ち着いてくれます。

 

◆気分転換をさせてあげる

何か変化があると、赤ちゃんも気分転換が必要です。外の空気を吸わせてあげるなど、泣き止む「きっかけ」を作ってあげるといいですね。私は、薄い布を顔に軽く当たる位置でヒラヒラとさせたら、触りたがる素振りをして泣き止むことが多かったです。

 

「こっちだって泣きたいよ!」となったら…

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われます。

 

でも、泣いている赤ちゃんを前に、ママの方が泣きたくなることもありますよね。
「おっぱいを飲ませてもダメ、おむつを替えてもダメ、抱っこしてもダメ…もう!なんで!?」と。

 

ママだって毎日、毎日寝不足になりながら育てているのですから、いつでも笑顔でいられるわけがありません。泣き声を聞いているとこちらまで泣きたくなってしまうこともあります。

 

そんな時は部屋から出て、声の聞こえないところで深呼吸をしてみましょう。そして、返していなかったメールを返す程度の少しだけ自分の時間を作るのもいいかもしれません。

 

もちろん、赤ちゃんを安全な場所に寝かせてからです。「新生児の小さな子を1人置いていくなんて!」と思うかもしれませんがイライラした状態で優しく声をかけることはとても難しいです。

 

そして何より赤ちゃんはママのそんな感情にとても敏感です。少しだけ離れることでママにも心にゆとりが産まれます。少しだけスッキリできたら、泣いている赤ちゃんにも優しくできると思います。

 

ぷにぷに肌の肌荒れがあったら

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

赤ちゃんのぷにぷに肌は大人の半分の薄さです。
なので、非常にデリケートで荒れやすいのです。

 

どうしても泣き止まない時に、身体をモジモジ動かしていたり、顔を手でかこうとしていたりするならば、もしかすると肌荒れによってかゆみや痛みがあるのかもしれません。

 

赤ちゃんに、「かゆいの?痛いの?」と聞いても言葉で返事が返ってくるわけではないので、赤ちゃんのぷにぷに肌をくまなくチェックしてみて、荒れている箇所がないか探してみましょう。

 

顔や首、ひじの内側、ひざの裏側は、汗をかくことで荒れやすいです。
乳児湿疹も発症しやすい時期です。

 

また、赤ちゃんのぷにぷに肌が肌荒れを起こしている時には、不快感で寝不足になることが多いです。
そうすると赤ちゃんもストレスがたまり、またそれが肌荒れの原因になってしまい、悪循環に陥ることがあります。

 

肌荒れがある時は、できるだけ早くに対処してあげるようにしましょう。
私は、赤ちゃんの肌荒れ防止に、アロベビーのミルクローションと肌潤糖を愛用しています。

 

 

泣き止まないのは肌荒れによるかゆみや痛みかも?

 

ぷにぷに肌,プニプニ肌,新生児,泣く理由

我が子も何回かあるんですよね。
ずーっと泣いていて、おむつも濡れていないし、お腹も満たされているはず、熱もないし、鼻も詰まっていない…なぜ?と。

 

よおーく見てみると、汗をかいて背中から首あたりまであせもみたいなブツブツが出来ていたことがあるんです。
どうもそれがかゆいらしい? と私と夫は判断をしました。

 

翌日、小児科に連れて行くと、「湿疹ですね」と塗り薬を出されたのです。
2日ほど塗り薬をマメに塗っていたら症状も落ち着いてきて安心したのですが、でも、実は、その薬を調べてみると、結構強いステロイド剤だったんです。
ステロイド剤って、期間を区切って使う分には良いけれど、長期的な使用は絶対に避けた方が良いんですよね。

 

あと、その時は小児科に連れて行ってしまったのですが、赤ちゃんであってもこういう場合は皮膚科がおすすめです。
皮膚科だったら、こういうステロイド剤ではなく、保湿剤の処方で済んだかもしれません。(友人の看護師にそうアドバイスされました)

 

またこういう風になってしまうと子供がかわいそうなので、日頃からしっかりとスキンケアをしてあげないといけない、と心掛けているんです。

 

沐浴の時には、ビート糖からできた肌潤糖を使っています。
皮膚の汚れを落としてあげた後に、お湯で混ぜた肌潤糖を全身に塗ってあげています。
頬や頭皮の肌荒れが気になる時には、頬にも頭にも塗ります。

 

肌潤糖を軽く洗い流してあげてから、バスタオルで水気を拭きとってあげて、湿っている肌に、アロベビーミルクローションを全身に塗ってあげます。
湿っている肌に塗ってあげることで、より保湿効果が高められるんです。

 

肌潤糖もアロベビーミルクローションもどちらも自然由来の原料で作られているので、安心して使えます。
この2つでしっかりと保湿してあげるようになってからは、肌荒れを悪化させたことはないですね。

 

アロベビーのミルクローションの詳細はコチラ

肌潤糖の詳細はコチラ

 

 

★便秘も肌荒れの原因になることもあります

 

赤ちゃんは肌荒れも起こしやすいですが、便秘にもなりやすく、お腹が苦しくて泣いている場合もよくあります。
便秘の時は、お腹をマッサージしてあげたり、オリーブオイルなどをつけた綿棒で肛門を刺激してあげたりしましょう。
あまりにもひどい便秘の時には小児科の受診をおすすめします。

 

また便秘状態が続くと、腸内環境が悪くなり、肌荒れを起こすことがあります。

 

ベビーローションなどでスキンケアをしても改善されない肌荒れは、便秘が原因の時もあります。

まとめ

新生児期はまだ上手に不快の理由を伝えられません。
産まれて1ヵ月も経っていないのですから上手にできなくて当然です。ママだって、ママ初心者です。まだ上手に受け止めることもできなくて当然と思ってください。

 

泣き止まない赤ちゃんに「病気かも」と不安を覚えるママも多いでしょう。
「なんで寝てくれないの!?」と焦ってしまうママもいるでしょう。

 

そのうち泣き止むかな、と様子を見てみたり、肌荒れや便秘を起こしていないか落ち着いて確認してみましょう。

 

一生懸命になり過ぎると産後うつを発症してしまうこともあります。
またママがイライラしていると、その感情が赤ちゃんにもつたわりストレスを感じてしまうこともあります。

 

ママが笑顔でいてくれることが赤ちゃんにとって何よりのリラックスです。
頑張りすぎずに、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう!

 

ぷにぷに肌の赤ちゃん必須アイテム

関連ページ

ぷにぷに肌の赤ちゃん、絶対に残したい7シーンはコレだ!
ぷにぷに肌の赤ちゃん。生まれてからは本当に大忙し。授乳におむつに、抱っこ、寝かしつけ、動き出すようになれば危険なものはないか常に目を光らせてあっという間に一日一日が過ぎ去ってしまいます。そんな毎日の中でも、これだけは残した方が良いよ!という7シーンをご紹介。
新米ママ必見!ぷにぷに肌を守る新生児のオムツ選びのポイント
生まれたてのぷにぷに肌の赤ちゃん。新生児のおむつ選びのポイントはどうしたら良いの? ぷにぷに肌におすすめの新生児おむつ選びポイントをご紹介します。妊娠期にいろいろのメーカーのサンプルをもらう機会があると思いますので、プレママはたくさんもらっておくようにしましょう!
ママ必見! ぷにぷに肌の新生児のオムツ交換のポイント
生まれたてのぷにぷに肌の赤ちゃん。新生児のオムツ交換のポイントをお伝えします。ぷにぷに肌を保つには、一回一回のオムツ交換で清潔にしてあげること、マメに交換してあげることが大切です。オムツかぶれを起こす赤ちゃんはとっても多いので、気を付けてあげましょう!
ぷにぷに肌の赤ちゃん、布オムツと紙オムツ、どちらにする?
ぷにぷに肌の赤ちゃん。布オムツと紙オムツ、どちらがいいんだろう?と悩む方も少なくありません。オムツは生まれた時から、トイレトレーニングが終了する2,3歳まで長く使用します。赤ちゃんにあったオムツ選びをしてあげることが大切ですね。
母乳と粉ミルク。ぷにぷに肌が荒れる原因にもなるミルク事情
ぷにぷに肌の赤ちゃん。母乳とミルク、どちらを選んだらいいのか悩みますよね。ぷにぷにお肌に良いのはどっち? 授乳が原因でぷにぷに肌の荒れる原因になるってどうして? そんな質問・疑問に、母乳・ミルクのそれぞれの利点と合わせて、お答えします。
ぷにぷに肌の赤ちゃんのバンザイ寝、可愛いけどなんでするの!?
ぷにぷに肌の赤ちゃんのバンザイ寝。どうしてバンザイをして寝ているんだろう?と不思議に思ったことはないですか? 赤ちゃんのバンザイ寝にはきちんと理由があるのです。そして、バンザイ寝をしている赤ちゃんのひじの内側、荒れやすい箇所ですので要チェックです。
赤ちゃんの鼻水はぷにぷに肌を荒れさせる!?知っておきたい鼻水ケア
ぷにぷに肌の赤ちゃん、たらーっと鼻水を垂らしていたり、鼻が詰まって苦しそうだったり、そんな時の対処法をお伝えします。また、赤ちゃんの鼻水はきちんとケアしてあげないと、ぷにぷに肌が荒れる原因にもなるので要注意です。悪化する前に対処してあげましょう。
ぷにぷに肌の赤ちゃん、寝返りができるようになったら肌荒れが!?
ぷにぷに肌の赤ちゃん、寝返りができるようになったら、肌荒れに! 寝返りを繰り返す度に、顔がシーツやタオルに擦れてしまい肌が荒れることがあります。また、動きが増える分、汗をかくことで肌が荒れることもあるのです。
赤ちゃんのぷにぷに肌と意外に大きい音のおならは最強の組み合わせ!
ぷにぷに肌の赤ちゃんは、意外にも大きい音のおならを連発したりします。ぷにぷに肌におならは、最強にかわいい組み合わせだと思いませんか?! そんな赤ちゃんのおならは、どうしてこんなにもたくさん出るのでしょうか?
残しておきたい!ぷにぷに肌の新生児の記念と記録
ぷにぷに肌の赤ちゃん。新生児期はあっという間に過ぎ去ってしまいます。だからこそ、たくさん記念の記録を残しておきましょう。肌荒れ中の赤ちゃんでもそれはそれで良い思い出になったりもします。今の時代はスマホで簡単に写真も動画も撮れますから、いろいろな姿を残してきましょう!
ぷにぷに肌の赤ちゃんのしゃっくりは止めるべき? 原因と対処法?
ぷにぷに肌の赤ちゃん、新生児の頃から頻繁にしゃっくりをします。その原因はさまざま。ほとんどの場合は特に心配なく、自然と治まります。絶対に、驚かせて止めようなんて思わないでくださいね! 自分のしゃっくりに驚くぷにぷに肌の赤ちゃん、とってもかわいいです。
ぷにぷに肌に優しいベビーグッズ! 不器用ママだって手作りしたい!
ぷにぷに肌の赤ちゃん、時にはベビーグッズで思わぬ肌荒れを起こすことがあります。たとえば、布でできた既製品のスタイやおもちゃ。敏感肌の赤ちゃんの場合、肌に触れることで荒れてしまうこともあります。そんな肌荒れを防ぐために、手作りするのもオススメです!
ベビーグッズは買う?レンタル?ぷにぷに肌のための節約方法
ぷにぷに肌の赤ちゃん、とってもかわいいですよね。でも、赤ちゃんのスキンケアをしっかりしてあげようと思うと、意外にお金がかかるもの。また、ベビーグッズは高価な割に、使用頻度が少ないものもあり、賢くレンタルを利用することで節約できます!
ぷにぷに肌の赤ちゃんの肌荒れの原因はペット?一緒に暮らすのは無理?
今はペットも家族の一員となっていることが多いですね。ぷにぷに肌の赤ちゃんと犬や猫のペット、一緒に暮らすことは無理なのでしょうか? 確かに、時にはアレルギーの問題などで肌荒れを起こしてしまうことがあります。でも絶対に無理ということはないのです。
ぷにぷに肌の赤ちゃんの寝かしつけは悩まないのがカギ!?
ぷにぷに肌の赤ちゃん、なかなか寝なくて悩んでいる方も少なくないでしょう。でも、寝かしつけは悩み過ぎないのがカギ! いろいろと試してみることで、スヤスヤ寝てくれることもあります。また、お肌が荒れているとかゆみや痛みで寝れないこともあります。
ベビーマッサージでぷにぷに肌を!スキンシップでママにも効果あり!?
多くの方が経験済み、もしくは興味があるベビーマッサージ。赤ちゃんのぷにぷに肌にとっても良いですね。そればかりか、赤ちゃんとママのスキンシップにもなりますし、ママにも嬉しい効果があるのです。そんなベビーマッサージをご紹介します。
ぷにぷに肌のための紫外線対策。ベビーカーを買う時のポイントは?
赤ちゃんのぷにぷに肌を守るには、紫外線対策もとても重要です。そのため、ベビーカーを買う時には少し慎重になりましょう。また生活スタイルに合わせて選ぶことも大切。もしかしたら、ベビーカーを買う必要がないかもしれませんよ?その分節約になりますね。
抱っこ紐でぷにぷに肌が荒れてしまうことも!選ぶポイントは何?
ぷにぷに肌の赤ちゃん、実は抱っこ紐が原因で肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。ではどのようなポイントに気を付けて選べば良いのでしょうか?早い人は新生児のうちから使い始める抱っこ紐、ぷにぷに肌の赤ちゃんに優しいものを選びたいですね。
赤ちゃんの夜泣き対策はコレだ!原因はぷにぷに肌の肌荒れのことも
赤ちゃんの夜泣きに悩んだ経験がある方が、ママの7割もいるのです。その夜泣き対策をご紹介します。また、夜泣きの原因はいろいろありますが、もしかしたら、ぷにぷに肌の肌荒れが原因かもしれません。かゆみや痛みで寝れなくて泣くこともあるのです。
ぷにぷに肌優先!新生児は不要、 後からでも間に合うベビー用品は!?
赤ちゃんのぷにぷに肌には意外とお金がかかります。出産前後に、あれもこれもと用意したくなるベビー用品。でも実は、新生児期は使われない、あまり使わない、後からでも間に合う、というものが意外と多いのです。慌てて買い揃えず、無駄な出費を防ぎましょう。
ぷにぷに肌の赤ちゃんが夢中になるおもちゃ!日用品で上手に節約!
赤ちゃんのぷにぷに肌には意外とお金がかかります。赤ちゃんのおもちゃ、いろいろと買っても遊ばないで終わることがよくあります。また、家にある日用品に興味を示して遊ぶことも多い赤ちゃん。上手に節約をして、無駄な出費を防ぎましょう。
ぷにぷに肌の肌荒れは母乳から?母乳育児のメリットとおっぱいケア方法
赤ちゃんと母乳、ぷにぷに肌になることもあれば、肌荒れの原因となることもあるのです。ママが摂取するものの影響が直接出てしまうのです。そのため栄養バランスに気を付けて、赤ちゃんにとって必要なものを積極的に摂るようにしましょう。
ぷにぷに肌を守る!オムツをパンツタイプに変えるのはタイミングは?
新生児の頃はテープタイプのオムツを使う赤ちゃんがほとんど。では、いつのタイミングでパンツタイプに変えれば良いのでしょうか? またぷにぷに肌にとってはどちらの方が良いのでしょうか? そんな紙オムツ事情についてお伝えします。
おすわりはいつ、どうやってできるの? ぷにぷに肌が荒れることも?
生後8ヶ月頃からぷにぷに肌の赤ちゃんはおすわりをするようになります。また、おすわりができるようになると同時に、肌荒れを起こすこともあるのです。行動範囲が広がり思わぬものを手にしたり、座ることでオムツかぶれを起こすことも。
ぷにぷに肌を作る離乳食、進め方とポイントはこうしよう!
ぷにぷに肌の赤ちゃんはとってもかわいいですよね。でも中には敏感肌で荒れやすかったり、乳児湿疹が出てしまったり、お肌のトラブルを抱えてしまう赤ちゃんもいます。そんな赤ちゃんの肌トラブルを改善するための方法をご紹介しています。
産後うつ症状が赤ちゃんのストレスとなり、ぷにぷに肌に悪影響も!?
産後うつ症状は回復期に訪れやすいです。ママやパパのうつ症状は、赤ちゃんにも影響を与え、赤ちゃんのストレスとなることがあります。そうすると、ぷにぷに肌が荒れることにもなるんですよね。産後うつを乗り越える方法、防ぐ方法はあるのでしょうか?
ぷにぷに肌を守る赤ちゃんの肌着。 実は重要な肌着の役割と選び方
肌着は直接赤ちゃんの肌に触れるものです。赤ちゃんの肌に合わないものを選んでしまうと、ぷにぷに肌が肌荒れを起こす原因ともあります。ぷにぷに肌を守る肌着の役割とその選び方について、お伝えしたいと思います。
ぷにぷに肌の赤ちゃんの名前。 3つのポイントから考えよう!
生まれたてのぷにぷに肌の赤ちゃん。赤ちゃんの名前は、生後14日以内に出生届を提出する時までに決めておかないといけません。いざ生まれてみると考えていた名前と印象が違う、ということもよくある話。命名のヒントをお伝えしたいと思います。
赤ちゃん連れの旅行はゆとりプランで。ぷにぷに肌を守ろう!
赤ちゃん連れの旅行は、赤ちゃんのペースに合わせたプランがおすすめ。長時間の移動は赤ちゃんにとってストレスとなったり、オムツを換える余裕もないスケジュールではおむつかぶれを起こしたり、ぷにぷに肌が荒れてしまうことにもなります。
赤ちゃんにも日焼け止め!ぷにぷに肌への負担が少ないものを選んで
生後1ヶ月を過ぎた頃から少しずつお散歩を始めるでしょう。その際に赤ちゃんであっても日焼け止めをきちんと塗ってあげることが大切です。ぷにぷに肌を守るためには、肌への負担が少ないものを選ぶことをおすすめします。
赤ちゃんの予防接種。ぷにぷに肌が荒れたり、敏感になったりするの?
生後1ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんはいろいろな予防接種を受けることになります。また、予防接種を受けた後に、ぷにぷに肌が荒れてしまったり、敏感になってミルクローションをつけたら赤くなったりということが起きることもあるのです。