ぷにぷに肌関連コラム

ぷにぷに肌関連コラム記事一覧

子育てをスタートしたママのみなさん、ぷにぷに肌の赤ちゃんとの毎日、楽しめていますか?また、産まれてくるわが子を楽しみに待つプレママのみなさん、今から赤ちゃんの姿を楽しみに待っていることでしょう。私はママ2歳。産まれてからの1年って本当に大変でした。でも本当に、本当に可愛いです!ぷにぷに肌の赤ちゃん!!何といってもどんどん成長する姿には感激して「可愛い!可愛い!」と今しか見られない瞬間に興奮状態にな...

「ぷにぷに肌の赤ちゃんに合ったオムツは?」「肌トラブルにならないためには?」「新生児用っていつまで使えるの?」と新米ママにとって慣れない作業への不安と疑問が多いことでしょう。ぷにぷに肌を保つにはオムツ選びも大切です。赤ちゃんによってはオムツの種類によってぷにぷに肌が荒れる原因になってしまいますし、サイズの合わないオムツは赤ちゃんにとってとても不快なものです。そこで新生児のオムツ選びのポイントをお教...

待ちに待ったぷにぷに肌の赤ちゃん、可愛い〜と喜ぶのも束の間、初めてのお世話は本当に大変です。生まれたばかりの赤ちゃんは、思った以上に身体が柔らかく、抱っこするのも慣れるまでは非常に緊張して気を遣ってしまうものです。さらに、授乳もあれば、オムツ交換もあります。今回はお世話の中でも1日に何度も行う「オムツ替え」についてポイントをまとめてみました。2歳になる息子を育てる私もはじめのうちは小さな手足を壊し...

ぷにぷに肌の赤ちゃんが使うオムツには、布オムツと紙オムツの2種類があります。現在一般的に使われているテープタイプの紙オムツは、1977年にアメリカから輸入され発売されたそうです。1981年には国産メーカーのテープタイプの紙オムツが発売され、パンツタイプの紙オムツは1990年に登場したそうです。今のママ世代は、紙オムツで育った人も多いかもしれませんね。紙オムツが発売されてからは紙オムツの利用者がどん...

ぷにぷに肌の新生児はよく泣きます。ものすごくよく泣きます。私もこんな小さな体のどこにこんな体力があるのだろうって不思議に思ったほどです。私の赤ちゃんは産院で「よく泣く子だねぇ」「大きな鳴き声だねぇ」と看護師さんから言われたほどよく泣きました。1〜3ヶ月くらいの赤ちゃんが一番泣き止まないそうです。そう言われても可愛い我が子の泣き声を聞き続けることは辛いですよね。赤ちゃんが泣いたときの対処法をいくつか...

赤ちゃんのご飯となる母乳や粉ミルク。時には、その母乳や粉ミルクがぷにぷに肌の荒れる原因ともなるのです。そして、「完全母乳でできれば育てたい」と思うママも多いでしょう。産まれる前はそう思っていてもなかなか思った通りにはなりません。私も産まれる少し前から母乳が少しだけ出るようになっていたので、「これなら母乳だけで!」と思っていました。しかし、生後2日目から母乳が足りず、赤ちゃんがお腹を空かしてしまい産...

ぷにぷに肌の赤ちゃんが眠る姿は、見ているだけで癒されますよね。産まれたばかりの新生児は特に眠る時間が長く、1日16〜18時間で長い子だと22時間くらい眠っていると言われます。昼夜の区別もないので、お腹が空いたら起きて泣き、満腹になったら眠るというサイクルになります。そんな眠っているぷにぷに肌の赤ちゃんの姿でよく見かけるのが両手をあげて眠る姿です。「寝かせた時には確かに布団の中に腕を入れていたのに、...

ぷにぷに肌の赤ちゃんは鼻水をよく出します。「少しくらいの鼻水で病院なんて行かない」というママも多いことでしょう。でもその鼻水、本当に放置して大丈夫ですか?実は、大人なら大丈夫なレベルでも赤ちゃんの鼻水は放置するととても危険なのです。そして、鼻水が頬や鼻の下についたままだと、肌荒れを起こしてしまいます。鼻水の種類やホームケア、病院へ行く目安をご紹介します。

ぷにぷに肌の赤ちゃんは産まれたばかりの頃は「泣く」「寝る」ばかりだったのに、2ヶ月頃から周りに興味を持つ仕草を見せ始めます。首が座ってくるとその変化も動きも大きくなってきます。そうなってくると気になるのが「いつ寝返りをするか」です。ママは「個人差がある」と分かっていてもつい、早く寝返りする姿が見たくなってしまいます。私も子どもが4ヶ月くらいの頃はカメラを片手に「できるかな?できるかな?」とソワソワ...

ぷにぷに肌の赤ちゃんは産まれてすぐからおならをします。ぷにぷに肌の赤ちゃんが、ニコニコと「ブー」とおならをしている姿は、最高にかわいです。赤ちゃんのおならの理由は様々ですが、ふとしたタイミングで「ブー」と意外と大きな音がします。1日のうちに何度もするおならに「体の調子が悪いのかな」「腸は大丈夫かな」と不安になるママもいらっしゃることでしょう。私も子どもが産まれたばかりなのに「ブーブー」とおならをし...

ぷにぷに肌の赤ちゃんが産まれるとあっという間に1ヶ月くらいが経ってしまいます。そして、産まれてくる前から出産準備でママやパパは大忙しですよね。ベビーカーにチャイルドシート、洋服、オムツ、お風呂セット…と考えだしたらキリがないですし、何を買っていいのか分からないママも多いことでしょう。お店に行くと商品は多いですし、いろいろなものが必要になるような気がしますよね。洋服なんて「どれも可愛いし選びきれない...

出産後、多くの新米ママが驚くことの1つに「赤ちゃんのしゃっくり」があります。特に新生児の頃はよくしゃっくりをします。そもそもぷにぷに肌の赤ちゃんがしゃっくりをすると思っていなかった私は何度も起こるしゃっくりに「え、また?!」「大丈夫かな?」と驚かされました。きっと、同じように驚かれたママも多いことでしょう。しゃっくりがなぜ起きるのか、原因と対処法をご紹介します。

ベビーグッズと一言で言ってもかなり幅広く、消耗品から使用頻度の低い物までかなりあります。「必要かもしれない」ですべてを買い揃えようとするとかなりの金額になってしまいます。また、赤ちゃんの成長もかなり早いので大量に買って余ってしまうこともあります。あまり車に乗らないのにチャイルドシートを買うのはもったいないですし、移動は車と抱っこ紐という場合にはベビーカーも必要ないかもしれませんよね。絶対に必要なベ...

ベビーグッズは初めての出産の時には何を揃えたらいいか迷いますよね。ベビー専門店に行くとどれも必要に感じてしまいます。しかし、全部買おうとすると高額の出費になってしまいます。本当に使うのか分からない物にお金をかけるのは不安です。使わないと無駄になってしまい、大きなものだと邪魔にもなります。今回はそんな悩みに対する賢い解決方法をご紹介します。上手に節約をして、その分を赤ちゃんのぷにぷに肌のスキンケアに...

ペットを飼っているお宅ではペットも大事な家族です。現在日本ではペットを飼っている世帯は3世帯に1世帯という報告もあります。またペットと言っても、犬や猫、熱帯魚や鳥など様々です。ペットや動物は癒しの存在として近年、動物カフェなども流行しています。しかし、その癒しの存在が妊娠・出産を機に「実家に預けるべきか」「悪影響はあるのか」など不安や心配の種となってしまうケースも多くあります。そんな不安を感じてい...

ぷにぷに肌の赤ちゃんの寝かしつけに悩むママはたくさんいます。約8割のママが程度は様々ですが、寝てくれないと悩んでいます。私も2歳になる子どもを育てていますが、「おっぱいを飲まないと寝てくれない」「布団に下すとすぐ起きてしまう」「ママが離れるとすぐ起きてくる」など悩みは耐えませんでした。場合によっては、赤ちゃんのぷにぷに肌が肌荒れや湿疹によるかゆみ、痛みでなかなか寝れないこともあります。寝てくれない...

ぷにぷに肌を作る、赤ちゃんのベビーマッサージ。ベビーマッサージは簡単に生活に取り入れることができ、スキンシップにもなることで赤ちゃんとのコミュニケーションにもなると人気があります。「やってみたいけど、どうすればいいのか分からない」「マッサージじゃなくてもいいのでは?」なんてママにベビーマッサージの方法と効果を紹介します。

赤ちゃんとのお出かけにベビーカーを押して歩く姿に憧れるママも多いのではないでしょうか。私も産まれる前には「天気の良い日はベビーカーでお散歩かな」なんて思っていました。しかし、私の赤ちゃんはベビーカーに乗るのを嫌がり、結局購入したベビーカーはほとんど使われることがありませんでした。決して安い買い物ではないベビーカーは失敗したくないですよね。これから購入を考えているママ達がそうならないためにも、ベビー...

ぷにぷに肌の赤ちゃんのいるママにとって欠かせないアイテムの1つに抱っこ紐があります。赤ちゃんを連れて買い物に行くにも抱っこ紐がないと、支払いも大変になります。また、ベビーカーでは階段や狭い場所など移動も大変な時もあります。お店やインターネットではたくさんの種類があって何がいいのか分からないですよね。そして抱っこ紐は値段幅も広く、人気の商品は数万円と値の張るものもあります。私も最初に買った抱っこ紐は...

産まれたばかりのぷにぷに肌の赤ちゃんは昼夜関係なく寝てばかりです。夜中でも数時間おきに授乳をする必要があり、ママは「眠たいけど頑張ろう!」と乗り切った新生児期。「最近寝る時間が長くなったかな?」と生後3ヶ月頃夜中の授乳が少しずつ減ってきた頃にママは期待をします。でも、そんな安心も夜泣きによって束の間になってしまうこともあります。私も寝たなぁと思うと突然泣き出して「え、なんで?」と悩んだことが何度も...

プレママさんで初めての出産は不安がつきものです。妊娠期間中も「赤ちゃんに何かあったらどうしよう」と不安を抱えながらも「早く赤ちゃんに会いたいな」と心待ちにして過ごしていることでしょう。そんな中、出産までに準備をしておくことはたくさんあるように感じているママも多いのではないでしょうか。私も「赤ちゃんが産まれたら」と出産後をイメージすると、間近になるほど買う物、やっておくことが盛りだくさんに感じて「私...

産まれてきたぷにぷに肌の赤ちゃんに、どんなおもちゃを与えたらよいか悩んでしまうママも多いことでしょう。お祝いでおもちゃをもらう機会も多く、ベビーショップに行けばカラフルで可愛いおもちゃや知育に良いと書かれたおもちゃなどが溢れています。私も「最初の赤ちゃんだし、奮発してもいいんじゃないかな」と思い、ショップに行っては「これ好きかな?」と赤ちゃんに見せ、興味を引いたようなら「買う」ということを数回繰り...

「できれば母乳で育てたい」と考えるママは多くいます。可愛い赤ちゃんが自分のおっぱいを一生懸命吸う姿は想像するだけでも愛おしく感じ、早く産まれてきてほしいという想いが募ることでしょう。私も産まれてきたら当たり前に母乳育児をするものだと思っていました。しかし、実際は…また、赤ちゃんのぷにぷに肌は、母乳で左右されることもあるのです。

ぷにぷに肌の赤ちゃんのオムツ替えは1日に何度も行う大切なお世話の一つです。寝んねの頃にはじっとしていた赤ちゃんもハイハイができるようになると動けることが嬉しくてなかなかじっとしていてくれず、替えてあげたいのに替えられないこともしばしば。替えてあげようと思ってオムツを外すとくるりと寝返りをしたり、動き回ったりします。私も子どもがハイハイをし始めると思うとおりに動いてくれず、片方だけテープが止まった状...

赤ちゃんは産まれてから1歳までの間に目覚ましい成長を遂げます。生後1ヶ月で身長も体重もあっという間に大きくなります。「寝んね」ばかりしていた新生児期から3ヶ月、4ヶ月になると首がすわり、寝返りを始めるなど見ていて成長が楽しい時期です。そして、ズリバイを始めると気になるのが、おすわりはいつ頃からできるかですね。そろそろ一人で座れるのではないかと座らせてみても上半身が前かがみになってしまいます。周りの...

赤ちゃんが生後5ヶ月頃になると「離乳食を食べさせる時期」と育児書には書かれています。周りからも「離乳食そろそろ食べさせている?」なんて話題にも上がってきます。私は初めての育児で「時期だからもう始めなくちゃ」と思いながらも「やっと授乳に慣れてきたのに今度は離乳かぁ」と「離乳」という言葉に寂しさを感じながらスタートしました。赤ちゃんの成長は嬉しいようで少し寂しいですね。そして、いざ食べさせようとすると...

出産までの長い月日を超え、やっと産まれてきてくれたと思ったら思い通りに育児ができないママは大勢います。そんな中、産後うつによる自殺や悲しい事件を耳にするようになりました。産後うつとは最近になって言われるようになったため、あまり日本では理解が進んでいないことが現状ですが、産後うつにかかる女性は実は約2割もいます。そして、産後うつ状態であるとイライラしがちだったり、気持ちが不安定だったりしますので、赤...

ぷにぷに肌の赤ちゃんのための「洋服や肌着」はどう選びますか?特に肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるため、肌荒れを起こしたり、かゆみを感じたり、「可愛いぷにぷに肌の赤ちゃんに辛い思いはさせたくない」と選ぶママも慎重になりますよね。私も初めて買う肌着は「どれくらい必要かな…、とりあえず2〜3枚でいいかな」「肌着って絶対着せるの?」「着せ過ぎならない?」と疑問ばかりでした。初めての赤ちゃんだと、どう選んだら...

妊娠が分かるとお腹の中にいる赤ちゃんを想って、色々な想像をします。「産まれたらこんな事をしてあげたい」「女の子だったら…」「男の子だったら…」と考えることは様々です。中でも悩む事は「名前」です。まだ性別のはっきりしない頃から「どうしよう…」と考え始め、悩むパパママが多いのではないでしょうか。名前は赤ちゃんへの初めてのプレゼントです。そのため、簡単に決められず、こだわってしまったという先輩ママも多く...

赤ちゃんが産まれる数ヶ月前からママは大きなお腹を抱えて自由に動けなくなります。行きたい場所も行きづらくなり、時には好きだったものも食べられなくなることもあります。やっと産まれてきてくれて、嬉しくて可愛い我が子ですが、ふとしたタイミングで「息抜きしたい」と思ってしまうことは誰でも感じることです。寝て過ごす新生児期は授乳の間隔が短く眠れない日も続き、慣れないママにとっては辛い時期でもあります。そして、...

ぷにぷに肌の赤ちゃんが産まれてから1ヶ月くらいすると「そろそろ散歩にでかけようかしら」と考えるママは多く、1ヶ月検診でも問題がなければ医師からも「少しずつお散歩に行くといいですよ」と勧められることがあります。しかし、外に出かける時に気になるのが紫外線ですね。「散歩に行くと日焼けしちゃうんじゃ…」「日焼け止めって使ってもいいのか」「何を選んだらいいのかな?」なんて疑問がたくさん沸いてくることでしょう...

ぷにぷに肌の赤ちゃんが産まれてくるとお世話で毎日が急に忙しくなり、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまったのではないでしょうか。生後1ヶ月で1ヶ月検診を受けると予防接種のスケジュールを立てなくてはいけなくなります。大切な赤ちゃんを病気から守るためにも重要な予防接種を「忙しくて受けられなかった」「忘れてしまった」ということのないようにしましょう。私も聞き慣れない予防接種の種類や数の多さに混乱をしました。...